著者:日刊ゲンダイセレクト編集部 2022年5月20日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

HSPの仕事の探し方を徹底解説!HSPに向いてる仕事とは?

日刊ゲンダイセレクト編集部

アップロード日2022/05/04

些細なことで心が大きく動いてしまう。相手の顔色を伺いすぎて人と接するのが辛い。

そういった悩みを抱えている方は、HSPという気質を持っているかもしれません。

HSPかもしれない、と感じている方の中には、毎日仕事をするのが辛い・仕事したくないと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

ですが現在ではHSPでも働きやすい仕事を見つけやすくなっています。

今回の記事では、そもそもHSPとは?という疑問から、HSPの人に向いている仕事の探し方まで、HSPの人の仕事に関する問題を解決します。

HSPに向いている仕事の探し方がわからないと感じている方はぜひ参考にしてみてください。

参考HSPに向いているお仕事67選|繊細さんが適職を見つけるおすすめ方法を徹底解説

HSPとは?特徴を解説

「HSP」はHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、「高度な感覚処理感受性」という性質を持つ人を表す言葉です。

このHSPは現在5人に1人の確率で、生まれつき持っていると言われています。

HSPの具体的な特徴としては

  • 深く考えて処理する
  • 神経が高ぶりやすい
  • 共感力・感情反応が強い
  • 些細なことに気がつく

といったものが挙げられます。

これらの特徴から、HSPの人は「感受性が高い」「音や光などの外部の刺激の影響を受けやすい」といった傾向があります。

HSPの人は仕事が辛いと感じやすい

HSPの人は外部からの影響を非常に受けやすく、疲れやすい傾向があります。

そのため、HSPの人にとって一般的な会社勤めは苦痛を感じやすいのです。

例えば通勤の満員電車や職場の人間関係など、HSPの人はそうでない人と比べて強いストレスを感じてしまいます。その結果、疲労が溜まり体調を崩してしまったり、精神的な病気にかかってしまったりといった事態に陥ってしまいます。

HSPの人の仕事の探し方のコツとは?

HSPの人が仕事を探すうえで、おさえておくべきポイントは大きく下記の3つのポイントです。

HSPの人の仕事の探し方(ポイント3つ)

  • 弱みを克服するよりも強みを活かせる仕事を探す
  • 興味のあること、得意なことを仕事として探す
  • 職場環境や人間関係を重視して仕事を探す

参考HSPに向いてる仕事70選|適職の探し方・口コミも満載

探し方(1):弱みを克服するよりも強みを活かせる仕事を探す

大多数の人と比べてストレスを感じやすいHSPの人が、仕事が辛い・働きたくないと感じてしまうのは当然のことと言えます。

ですが、決してHSPの人が社会不適合者というわけではありません。

HSPの特徴は一見するとただのハンデに見えますが、裏を返せば「感受性や想像力が豊かでクリエイティブ力が高い」「細かい仕事が得意」といった長所でもあります。

HSPの人はこうした長所を活かせる仕事に就くことができれば、自分らしく働くことができるでしょう。

探し方(2):興味のあること、得意なことを仕事として探す

仕事を探す際にはどうしてもマイナス面を排除してしまいがちです。

マイナスとなる苦手なことを避けることに注力するよりも、興味のあることや得意なことを伸ばしていく、仕事に活かしていくという前向きな視点を持って探すことで可能性が広がり、仕事へのモチベーションも自ずと高まります。

先にお伝えした弱みを克服するよりも強みを活かせる仕事を探すための最短方法とも言えるのが「興味のあること、得意なことを仕事とする」ことです。

よってHSPであるあなたの長所を大いに活かし、かつ興味深い内容の仕事を選ぶことが仕事の探し方としては非常におすすめです。

下記のようなHSPの特性を活かすべく、「興味のあること、得意なこと」で収入を得られる仕事を探してみてください。

  • 興味のあることをとことんつきつめる
  • 集中力が高い
  • 思慮深く、自己啓発への意欲や探究心が高い
  • 洞察力が鋭い
  • 共感力が高い

HSPの人は繊細であるが故に他の人からすると些細なことでも傷ついてしまったり、自信を喪失してしまうような傾向があります。

例え仕事で失敗をしたり、人間関係が不安定になったとしても、興味のある仕事や本来は得意な分野の仕事であれば人並み以上の意欲を発揮でき、成長できることも期待できます。

参考HSPに向いてる仕事は?現実的な適職・相性の良い仕事や探し方も解説

探し方(3):職場環境や人間関係を重視して仕事を探す

一般的な仕事の探し方は、「自分がやりたいこと」「自分ができること」「給与や待遇」などを照らし合わせて希望の職種・条件を考えます。

ですがHSPの人による仕事の探し方は、もう一歩踏み込んで「職場の環境」について考える必要があります。

HSPの人は刺激に敏感なので、職場の雰囲気や上司・同僚の性格によって働きやすさが大きく左右されます。

そのため、業界の事情や企業ごとの雰囲気などに詳しいアドバイザーと相談して求人を紹介してくれる転職エージェントは、HSPの人の仕事の探し方として非常におすすめです。

自分の特性にあった求人を探すことはHSPかどうかを問わず簡単なことではありません。

ましてや人とのコミュニケーションに苦手意識があるHSPの人にとって、自分に合う職場環境が整っている仕事とマッチすることはハードルが高いため、企業勤めをする方は就職や転職支援専門のエージェントを活用してみてください。

HSPの人が働きやすい職場環境の特徴

HSPの人が仕事を探す上で、職場の雰囲気は非常に重要な要素です。

ここでは、HSPの人に向いていない職場・向いている職場の特徴をそれぞれ紹介します。

参考HSPに向いてる仕事一覧!気疲れしやすい繊細さんにおすすめの職業・適職と仕事の探し方を解説

HSPの人に向いていない職場の特徴

HSPの人に向いていない職場の特徴としては、下記の通りがあげられます。

HSPの人に向いていない職場の特徴

・上司や年長者に反対意見を言いづらい
・飲み会や社員旅行は強制的に参加させられる
・上司やお局などからの注意の言い方が強い
・社員同士の仲が悪い
・体調不良や交通機関の乱れ、家庭事情などによる休みを取りづらい

このように、個人の特性を活かしにくい・社内の規則が厳しい職場はHSPの人にとってストレスを感じやすい傾向にあります。

HSPの人に向いている職場の特徴

反対に、HSPの人に向いている職場の特徴としては、下記の通りがあげられます。

HSPの人に向いてる職場の特徴

・人格的に優れたリーダーがいる
・労働時間やノルマが自由に設定でき、それぞれの能力を活かしやすい
・社内の人間関係が良好/無理に仲良くなる必要がない

労働時間やノルマなどを自由に設定でき、個人の特性を尊重してくれる職場は、HSPの人にとって非常に働きやすい職場であると言えるでしょう。

また、人間関係が良好であったり、逆に人間関係を気にする必要がない職場もおすすめです。

参考HSPに向いている仕事一挙公開!繊細さんにおすすめ適職の探し方や仕事が続かない・辞めたいときの対策も紹介

HSPの人に向いている・おすすめの具体的な仕事(職種)

ではここからは、HSPの人に向いている・おすすめの仕事を具体的に解説していきます。

自分のやりたいこと・できることを照らし合わせながら自分に合った仕事を探してみてください。

HSPの人におすすめの仕事(分類3つ)

  • 直接人・動物・植物の役に立てる仕事
  • 正確さが必要な仕事や単純作業
  • クリエイティブな仕事(※在宅可能な仕事も多数)

参考HSPに向いている仕事を56個紹介!特徴や仕事探しでのポイントも紹介

(1)直接人・動物・植物の役に立てる仕事

感受性が高く、他者の気持ちを理解して寄り添うことができるHSPの人にとって、カウンセラーや介護士など直接人の役に立てる仕事は適職と言えます。

また、洞察力に優れており感受性豊かな一面のあるHSPの人には、動物や植物との関わりのある仕事もおすすめです。

ただ看護や福祉の仕事は激務であったり多くの人と関わらなければいけないことがあるので、慎重に選びましょう。

ポイントHSPにおすすめの仕事 (1)|直接人・動物・植物の役に立てる仕事

    介護福祉 ・獣医 ・動物看護師 ・飼育員 ・トリマー ・整体師 ・マッサージ師 ・鍼灸師 ・エステティシャン ・セラピスト ・カウンセラー ・ペットショップの店員 ・花屋 ・植物園 ・フラワーコーディネーター ・農業 ・水産業 ・林業 ・造園業 ・家事代行

おすすめポイント

・物事に敏感で洞察力に優れたHSPの繊細さや気づきを活かせる
・HSPの共感力の高さを活かして、人や生き物に寄り添う能力を発揮できる
・人や生き物と直接触れ合うことで、心が癒やされる

(2)正確さが必要な仕事、単純作業

細部まで気を配れるというHSPの特徴は、仕事において長所となることが多いです。

具体的には事務や経理・工場のライン作業などがありますが、バスやタクシードライバーなどもおすすめです。

ポイント HSPにおすすめの仕事 (2)|正確さが必要な仕事、単純作業

    事務職(データ入力や書類作成など) ・経理職 ・研究職 ・工場の検品やライン作業 ・整備士 ・図書館司書 ・新聞配達員 ・宅配員 ・運転手

おすすめポイント

・細かいところまで気を配るHSPの繊細さを活かせる
・他者との関わりが少ない

(3)クリエイティブな仕事 (※在宅可能な仕事も多数)

一つのことに深く集中できるHSPの人にとって、作家や画家・カメラマンはまさに適職と言えます。

当然ながら専門的な知識・技術は必要ですし、収入も不安定になってしまうのは仕方のないことですが、HSPの人にとって本領を発揮できる分野です。

その他にも職場の人間関係で悩みがちな人は、思い切って在宅オンリーで働ける仕事に就くのもひとつの手です。

もし現在ITやWeb系の仕事をしているなら、その経験を活かしてフリーランスに転向するのもおすすめです。

ポイント HSPにおすすめの仕事 (3)|クリエイティブな仕事

    Webライター ・Webデザイナー ・ITエンジニア ・動画クリエイター ・フォトグラファー ・イラストレイター ・ゲームクリエイター ・ミュージシャン ・小説家 ・漫画家 ・画家 ・絵本作家

おすすめポイント

・在宅ワークも可能な職種
・一人で黙々と仕事をすることが多く、他者との関わりが少ない
・好きなことを仕事にできるため、HSPの人の強みである集中力を活かせる

参考仕事したくない/仕事が辛いHSPの仕事・適職の探し方|HSPのための転職ガイド

HSPの人におすすめな転職エージェント

仕事したくないと感じてしまうHSPの人が転職をするときは、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

HSPの人にとって、職場の雰囲気や離職率などの情報がわからないまま転職するのは非常にリスクが高いです。

何も知らずに入社してしまうと、休みが取りにくい・職場の雰囲気があまり良くないといった理由で仕事したくないと感じてしまうといった事態に陥ってしまう可能性があります。

その点転職エージェントは業界の事情や、離職率や職場の雰囲気といった企業の内部事情などに詳しく求職者の要望に合わせて転職先を提案してくれるので、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

ここからは、HSPの人が転職活動をする上でおすすめな転職エージェントを紹介します。

参考HSPに向いている仕事選び・仕事の探し方。相談すべき転職エージェントや就職支援サイト

就職shop

出典:就職shop

就職Shopは大手人材会社リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接を受けられる求人を多く持っており、未経験・フリーター向けの職種が豊富という点が就職Shopの特徴です。

そのため、HSPが理由で就職活動がうまくいかなかった人や未経験の職種でもいいから働きやすい職場を探したいという人におすすめです。

就職Shopの対象年齢は18~30歳となっているので、仕事したくないと感じている30歳以下のHSPの人はぜひ利用してみましょう。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、第2新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

2,000社以上の求人情報の中から、ユーザーに最適な求人を紹介してくれることで人気を集めている転職エージェントです。

DYM就職から応募すると、書類選考なしで面接に進むことが可能なので、転職の成功率を高めることができます。

またDYM就職は「ブラック企業」の徹底排除を宣言しており、HSPの人にとって働きにくいブラック企業を紹介されるリスクがないこともあり、確実に働きやすい職場を探したい方におすすめです。

JAIC

出典:JAIC(ジェイック)

JAICは、フリーター・既卒の正社員就職に非常に強いことで人気を集めている転職エージェントです。

無料で就活講座を受けられる上に、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるので未経験の職種への転職に非常におすすめです。

転職活動中のサポートはもちろん、転職が成功してからも1年間のサポートを受けられるのもJAICの大きな魅力です。

20代の就職内定率は80.3%と非常に高い成功率を誇る転職応援サービスですので、HSPが理由で早期退職してしまったけれど、もう一度仕事に就きたいと考えている方はぜひ登録してみましょう。

ウズキャリ(UZUZ)

出典:ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリは、若年層の転職・就職に特化した転職エージェントです。

2時間の個別カウンセリングから、求人票の紹介、面接練習に至るまでの選考のプロセスを全てサポートしてくれるので、フリーターでも安心して転職活動を進めることができます。

カウンセリングにおいて嬉しいのが、ウズキャリ既卒のカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であるという点です。

同じ立場から、親身になって転職についての相談に乗ってくれるのでよりHSPの人に合った職場を探しやすいでしょう。

参考【適職】HSPにおすすめの向いてる仕事・職業の探し方や選び方|4つの基準で転職先を選ぼう

HSPの人は仕事の探し方や内容も重要だが、自分が過ごしやすい工夫をすることも大切!

HSPの人は自分の長所を活かせる仕事に出会うことが大切ですが、自分と相性の良い仕事との縁があったとしても、仕事である以上はHSPの弱みが前に出てしまうことも時にはあるでしょう。

弱みを克服するよりも強みを活かすことが大切ですが、自分が仕事を円滑に進めていくためにあなたなりの仕事上の工夫を意識的に行っていくことも時には必要であり、結果的にストレスを軽減させることに繋げることができます。

そこでできることからで良いので下記のポイントを意識して仕事に臨むことができれば何よりです。

【HSPの人が仕事で工夫すべきポイント】

  • 【褒める】:短所は長所の裏返し!完璧を目指さない!
  • 【客観視】:一呼吸おいて自分や周りを客観視する
  • 【頼る】:自分への理解者を増やし、不安を溜め込まない!
  • 【確認する】:憶測だけで判断せず言葉で実際に確かめる
  • 【気持ちの余裕】:1日にやるべきことを把握し、時間の余裕を持つこと
  • 【休む】:適度に休息をとる

参考HSPに向いている仕事一覧|適職の探し方や転職体験談も解説

【褒める】:短所は長所の裏返し!完璧を目指さない!

HSPの人に限ったことではなく、仕事をするうえでは誰しもに向き・不向きがあります。

様々な価値観や個性をもった人が知恵を出し合い、誰かの弱みをカバーする強みを持つ人がいたり、自分の強みが誰かに活かされたりと持ちつ持たれつで相乗効果を生むことが組織(企業)のあるべき姿です。

仕事上で裏目にでやすいHSPの特性として考えられる「仕事が遅い」「マルチタスクが苦手」といったことも裏を返せば、「仕事が丁寧」「1つの物事への集中力が高い」というように場面によっては仕事上で活かすことができる強みともなり変わります。

よって、誰かと比べて自分ができなかったことばかりに目を向けたり、完璧を目指す必要はありません。

苦手意識があることは、誰かと比べるのではなく、今日の自分よりも明日の自分を評価できるよう努力すると良いでしょう。

【客観視】:一呼吸おいて自分や周りを客観視する

HSPの人の特性として感受性が豊かで、繊細であることから他人のことも自分ごとのように心を動かされてしまったり、物事を主観的にとらえやすい傾向にあります。

おまけに「思慮深い」がゆえに、「人一倍疲れやすい」という特性があります。

物事の受け止め方を変えることは難しくとも、自分は考えすぎてしまう傾向にあることを認識し、「自分と同じように他人が感じているとは限らない」と第三者目線を持つことができると良いでしょう。

HSPの特性を理解して日頃から心がけることで、仮に仕事でトラブルが生じた場合にも、冷静に対処しやすくなるかもしれません。

参考繊細な人(HSP)に向いてる仕事21選【向いてない仕事も解説】

【頼る】:自分への理解者を増やし、不安を溜め込まない!

HSPであることは他人からすると判断がつきづらいこともあり、自分を責めたり、どうせ誰にも理解してもらえないとネガティブになったり、自分の殻に閉じこもってしまいがちです。

1人でも多くあなたの個性への理解者がいることで、心が救われる場面が多々あることでしょう。

人との壁を感じやすい一方で素直な一面もあるため、信頼のおける相手には心を許しやすいとも言われています。

自分が仕事をしやすい環境を初めから他人が用意してくれることはなくて当然であり、自分が仕事をしやすい環境づくりを勇気を出して自ら行っていく姿勢を持つことも大切です。

決して社交的になる必要はありません。

あなたならではの洞察力を活かして、まずは1人、相談できたり他愛もない話ができる相手を見つけていきましょう。

【確認する】:憶測だけで判断せず言葉で実際に確かめる

HSPの人は1を聞いて10を考える程の思慮深さがある一方で、自分1人で「きっとこうに違いない」と物事を憶測だけで判断してしまう傾向にあります。

本当は誰か確認したいことがあっても、忙しそうな姿を見ると気遣いが過ぎてしまい声をかけられないという状況に陥ってしまう方も多いことでしょう。

正確性とスピード感が重視される仕事上では「報連相」が大切です。

憶測だけで物事を判断してしまいその憶測が誤っていた場合には、人一倍責任を感じ落ち込んでしまうという負の連鎖が生じてしまうことが想定されます。

話しかけづらい雰囲気を感じた場合にタイミングをはかることは大切ですが、ずっと待っていては仕事になりません。

「今よろしいですか?」「可能であれば」などのクッション言葉を用いて勇気を出して話しかけてみてください。

【気持ちの余裕】:1日にやるべきことを把握し、時間の余裕を持つこと

HSPの人は1つのことへの集中力が高い一方で、物事が思うようにスムーズに運ばなかった時にプレッシャーやストレスを感じやすい傾向にあります。

よって仕事をするうえでは1日の流れを把握するだけでなく、スケジュール感に余裕を持つことで心の余裕を作ることが大切です。

時間に余裕を持つことで、仕事につきものでもあるイレギュラー事象やトラブルが起きても冷静に対処することに繋げることができる可能性があります。

業務の逼迫があなたにとって過度な負担となる場合は、上司に相談するか転職して環境を変えることも方法の1つです。

【休む】:適度に休息をとる

HSPの人は人一倍疲れやすい傾向にあるとされています。

よって無理し続けることなく定期的にリフレッシュすることが大切です。

HSP特性があると自覚している場合は、仕事の人間関係やプレッシャーによるストレスで心身に不調が生じる前に、自分を労ってあげてください。

参考HSPの私が向いている・働きやすいと感じた職場や仕事の特徴まとめ

まとめ

HSPの人にとって、仕事選びは非常に慎重に行う必要があります。

もし自分に合っていない職場で無理をして働き続けてしまうと、体調や精神のバランスを崩してしまう恐れがあります。

そうならないためにも、今回紹介した仕事の探し方・おすすめな職種を参考にして自分に合った仕事を見つけましょう。

HSPに悩む人が向いている仕事に出会うためにおすすめの転職エージェントHSPに悩む人が向いている仕事に出会うためにおすすめの転職エージェント

参考HSPに向いている仕事とは?自分の性格を活かす適職を見つけよう!

参考HSPに向いてる仕事40選 向いてない職業の特徴や長続きするポイントも解説

page top