著者:日刊ゲンダイセレクト編集部 2022年6月24日更新

カテゴリー転職エージェント活用のおすすめ理由

人間関係が原因で仕事を辞めたい…対処法やおすすめの転職エージェントを徹底解説

日刊ゲンダイセレクト編集部

アップロード日2022/05/16

上司や先輩、同僚との人間関係がうまく行かず、仕事に行くのが辛いと感じている方は多いのではないでしょうか。

あまりに人間関係が悪化してしまったり、改善の兆しがなく思い詰めてしまうと、「仕事を辞めたい」と考えてしまうことも少なくありません。

マイナビ転職のアンケートによると、転職希望者が「仕事を辞めたい」と思った理由で2番目に多いのが「人間関係」なのです。

それほど人間関係が原因で仕事を辞めて転職しようと考えている方は多いのです。

今回の記事では、人間関係が原因で仕事を辞めたいと感じたときに気をつけたいポイントと、人間関係を考慮して転職先を決めたいときにおすすめな転職エージェントを紹介します。

人間関係で仕事を辞める人は非常に多い

冒頭で紹介したように、人間関係が原因で仕事を辞める人の数は非常に多い傾向にあります。

コロナ禍の影響でリモートワークが増え、出勤して他の社員と接する機会はかなり減ったとはいえ、それでも仕事での人間関係に悩む人の数は依然多いままです。

「最近の若年層は仕事の人間関係を軽視している」という風潮がありますが、それでも仕事で出会う人々との人間関係は良好であるに越したことはありません。

人間関係が良好ならば余計なストレスを感じずに済みますし、何より業務が非常にスムーズに進みやすい傾向にあります。

ですが、逆に言うと仕事での人間関係に問題が発生すると、ストレスが増える上に業務に支障を来してしまいます。

そうなってしまうと、精神的苦痛だけでなくキャリアにも影響を及ぼしてしまうリスクが生まれます。

「職場で会うだけの人間関係なんて…」と考えている方もいるかもしれませんが、人間関係の悪化は仕事を辞めたいと考えるには十分すぎる理由になります。

人間関係で仕事を辞めたいと感じたときにするべきこと

先ほど紹介したように、仕事において人間関係の問題は非常に深刻な事態を招く可能性があります。

人間関係が悪化した結果、「仕事を辞めたい」と考えるようになってしまうこともあるでしょう。

ですがそんなときこそ一旦落ち着いてここで紹介する対応策を試してみましょう。

仕事を辞めるというのは一定のリスクが伴うものなので、人間関係が原因で精神的に限界を迎えて退職せざるを得なくなる前に、これらの対処法を実行してみることをおすすめします。

参考仕事を辞めたいのは「甘え」なの?|転職した方が良い時とそうでない時の判断基準について解説

身近な人に相談する

人間関係に限らず、仕事上の問題で思い悩んでいるときは、まずは仕事と無関係の家族や友人など、身近な人に相談してみましょう。

一人で思いつめて退職を決意する人も少なくありませんが、退職を決める前に一度は身近な人に相談に乗ってもらいましょう。

仕事上の問題、特に人間関係の問題はどうしても感情的になってしまい冷静な判断ができないことがほとんどです。

そこで一度、仕事とは無関係の人に話を聞いてもらうことでストレスが軽減されたり、第三者目線のアドバイスで悩みが解消することがあります。

「仕事を辞めたい」と考えるまで人間関係について思い悩んでいるのであれば、一度は身近な人に話を聞いてもらうことをおすすめします。

人事などの公正な第三者に相談する

どうしても人間関係の問題が我慢できず、仕事に支障をきたすと感じるのであれば、人事や上司など、公正な第三者に相談することをおすすめします。

特に、「職場の人間から明らかに無視されていて、仕事が進まない」「上司のパワハラがひどく、誰も仕事に関する意見を言えない雰囲気になっている」といったように、業務そのものにマイナス効果を与える問題はすぐに人事部に相談しましょう。

部署やチームの配属を変えるなど、職場を変えなくても人間関係をリセットできる可能性があります。

一時的に休職することも視野に入れてみる

職場の人間関係が原因で仕事を辞めるべきかの冷静な判断ができなかったり、転職活動を行うことすら厳しい状況の方は、今の職場に在籍したまま一時的に休職を希望することも方法の1つです。

休職してしまうと、次に職場に戻りづらくなることを心配するかと思いますが、まずは心身の状態を第一優先してください。

必要に応じて心療内科に受診するという方法もあります。

職場に戻るか戻らないか、転職するかどうかなどの今後については休職期間中に休む中で回復次第じっくり考えてみることをおすすめします。

とりあえず辞めた場合の先をイメージしてみる

人間関係が原因で仕事を辞めたいと考える状況になっている方のほとんどが、衝動的な感情ではないかと思います。

とはいえ仕事を辞めた場合の今後について考えるにまで至っていない方も多いのではないでしょうか。

今の仕事を辞めた場合の先を具体的にイメージして仕事を辞めるリスクも考慮したうえで、退職または転職するべきという結論を自分で下せるかが鍵となります。

突発的に仕事を辞めてしまうと、人間関係のしがらみや憂鬱な気持ちからは解放されますが、今後についての不安が新たに生じてしまうためおすすめできません。

仕事を辞めた時(転職した時)と辞めなかった時のあなたにとってのメリット・デメリットを天秤にかけてみて、冷静に判断することができれば何よりです。

今の仕事の人間関係に改善の余地がなければ、最終手段は「転職」!

身近な人や人事部に相談しても一向に人間関係が改善されず、このままだと精神的に限界を迎えてしまう、と感じた場合は、思い切って転職してしまうのも手です。

あくまで最後の手段ですが、人間関係が原因で仕事を辞めたいと思いながら無理して仕事を続けて心身を壊してしまっては元も子もありません。

特に、配置換えなどの対処が無意味な少人数の会社に勤めている場合や人間関係が完全に崩壊してしまっている場合などは、転職する以外に仕事の人間関係から脱却する手段はありません。

しかし、毎朝家を出るのが憂鬱で仕事を辞めたいと思う日々を送っていても、いざ仕事を辞める決断をするということは非常に勇気のいる行動です。

転職するとなっても転職できる自信がなく、次に働く先が見つからなかったら生活に支障が出てしまうことを不安視してしまうことでしょう。

そこで転職を視野に入れた今後のステップとしておすすめの方法が下記の通りです。

  • 仕事を本当に辞めるかはさておき、転職活動を今の仕事と併行して行ってみる
  • 転職エージェントを利用し、個別サポートを受ける

仕事を本当に辞めるかはさておき、転職活動を今の仕事と併行して行ってみる

悩んでも転職する決断ができず、だからといって今の職場の人間関係にこれ以上耐えられる自信も余力もないという状況の方も少なくないことでしょう。

そんな時は今の仕事を実際に辞めるかどうかはひとまず置いておいて、転職活動にトライしてみることがおすすめです。

今の仕事と転職活動を同時に進めていく主なメリットは下記の通りがあげられます。

メリット

  • 収入が途絶える心配がない
  • 転職活動をする中で今の仕事の良いところを発見できる可能もある
  • 他に目的意識があれば、全神経を集中させていた人間関係への負担が軽減される

一方でデメリットもありますが、デメリットについては工夫次第で最小限に抑えることができます。

デメリット

  • 今の仕事と転職活動の両方をこなすことで体力的に厳しいと感じるケースもある
  • スケジュール管理が大変
  • 仮に転職となった場合、今の仕事の退職のタイミングについて交渉する必要がある

今の仕事と転職活動を併行することは楽ではありませんが、あなたが抱える人間関係の悩みと比べると場合によっては、人間関係で悩むことの方が憂鬱であると感じる方も多いことでしょう。

「実際に転職するかどうかは転職活動を進めていく中で冷静に判断する」という方法もあることを選択肢の1つに入れてみてください。

転職エージェントを利用し、個別サポートを受ける

仕事を辞めたいと思うほど仕事の人間関係に悩まされていても、転職する決断ができなかったり、転職できる自信がないという方に利用をおすすめするのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは、転職活動を一環して個別にサポートしてくれ、一部のケースを除き一般的には無料でサービスを提供してくれます。

転職エージェントの主なサポート内容

・キャリア相談
・求人紹介
・推薦状の作成
・応募書類の添削
・面接対策
・企業との交渉事(面接日程や年収・給与の調整など)
・内定後のフォロー

転職エージェントを利用し、上記にあげたサポートを受けるにあたってのポイントを簡単にお伝えしておきたいと思います。

◼まずは登録してみて、現状について相談してみる

まだ転職する意志が固まっていない場合には、キャリア面談で今の現状を担当者にありのまま伝えて相談してみることも1つです。

転職エージェントに相談すると多くのケースでは、転職することを勧められることでしょう。

転職する意志のまったくない人にエージェント側も時間も労力もかけ続けられないため、悩んではいるが前向きに検討しており、転職活動を頑張りたいということを伝えておくことをおすすめします。

内定をとってから考えることも不可能ではありませんが、退職するタイミングや入社日などを交渉する必要があることを考慮すると、転職活動を進めていく中で自分の意志を固めていくことが理想的です。

キャリア面談ではこれまでのキャリアやスキルの棚卸しを担当者が一緒に行ってくれるため、転職のプロである第三者の視点を取り入れながら今後について考えることができます。

転職ノウハウと共に、転職のトレンド情報を得ることもできるので、独自で進めるよりも効率的で精度の高い転職活動を行っていくことができます。

◼求人紹介を受けるかどうかはあなた次第!

今の仕事と併行して、独自で転職活動を行うことは、体力面だけでなく時間的にも限界が生じてしまいます。

自分に合った求人1つ探しだすことも時間をかけてしまい中々スタート地点に立てず、ただ時間が過ぎてしまいがちです。

転職エージェントではあなたのキャリアやスキル、希望条件を細かくヒアリングしたうえで、適宜にあなたにおすすめの求人を紹介してくれます。

実際に紹介された求人に応募するかどうかはあなたの意志で決めるべきであり、断ることを申し訳なく思う必要はありません。

より好みをしていては先に進めませんが、「今の仕事の人間関係に悩まされる根本的な原因は何か」、「次の職場であなたにとって必要な条件は何か」などの譲れない転職条件を予め固めたうえで求人を選別することが大切です。

◼転職エージェントは複数利用することがおすすめ!まずは担当者との相性をはかってみよう!

数多くある転職エージェントの中から、どれを利用しようかと迷う方も多いことでしょう。

各転職エージェントにターゲットする転職者層が異なるため、あなたの世代や転職先業界・職種、キャリアやスキルに適した転職エージェントをまずは複数登録してみて、試しに利用することがおすすめです。

あなたの転職活動を個別サポートしてくれる担当者(一般的にキャリアアドバイザーまたはキャリアコンサルタントと呼ぶ)との相性次第で、転職活動そのものや利用満足度が左右されるため、まずは相性の良し悪しをはかってみましょう。

担当者との相性がおもわしくない場合には、運営側の専用窓口に担当者変更の希望を申し出るか、利用する転職エージェントを乗り換える方法をとることをおすすめします。

利用する転職エージェントを1本に絞らず、複数利用することで相性の良い転職エージェントに利用を絞っていくことができるうえに、質の高い好条件な求人に出会う確率を高めていくことに期待できます。

転職エージェントで取り扱う求人は、利用者のみが紹介対象となる非公開求人や、求人サイトや他の転職エージェントでは保有していない独占求人を多数保有していることも利用するメリットの1つです。

次項では職場の人間関係が原因で仕事を辞めたいと悩んでいる方に、まずは相談してみるべきおすすめする転職エージェントを複数紹介しますので、1度目を通してみてください。

人間関係で仕事を辞めたいときにおすすめな転職エージェント

ここからは、人間関係が原因で仕事を辞めたいと考えている方におすすめな転職エージェントを紹介します。

今回紹介するのは、人間関係など前職を何らかの問題で退職した人でも働きやすい企業を紹介してくれる可能性が特に高い転職エージェントですので、まずは会員登録して相談に乗ってもらうだけでも利用してみてください。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する業界最大級の求人を保有する転職エージェントです。

豊富な求人の中から、転職者のキャリアや転職希望業界・職種に応じて最適な求人を紹介してくれます。

リクルートグループならではのネットワークを活かした転職に役立つリアルタイムな情報や交渉力を強みとし、転職者の転職活動を有利に進めていくことに期待できます。

転職エージェント選びに悩む全ての方に、まずは登録をおすすめする転職エージェントの1つです。

リクルートエージェントを利用し、今の仕事を辞めて勇気を出して転職するこの機会を活かして、キャリアアップと共に年収アップを目指すこともおすすめです。

doda

出典:doda

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営しており、リクルートエージェントに次ぐ圧倒的豊富な求人を保有する転職エージェントです。

転職エージェントとしての役割以外にも、転職求人サイトやスカウトサービスの機能を持っているため、転職者の状況に応じて機能を使い分けることができる点も特徴の1つとしてあげられます。

個別転職サポートが手厚いだけでなく、転職者に役立つセミナーや転職フェアに力を入れているため、dodaを活用することで転職に役立つ情報や求人との縁により期待できます。

幅広い転職者を対象とし転職支援サービスを手掛けているため、まずは登録することをおすすめする転職エージェントです。

JAIC

出典:JAIC(ジェイック)

JAICは、フリーター・既卒の正社員就職に非常に強いことで人気を集めている転職エージェントです。

無料で就活講座を受けられる上に、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるので未経験の職種への転職に非常におすすめです。

転職活動中のサポートはもちろん、転職が成功してからも1年間のサポートを受けられるのもJAICの大きな魅力です。

もし転職先でも人間関係に問題が発生し「辞めたい」と感じるようになってしまった場合も相談などのサポートを受けることができます。

20代の就職内定率は80.3%と非常に高い成功率を誇る転職応援サービスですので、人間関係が理由で早期退職してしまったけれど、もう一度仕事に就きたいと考えている方はぜひ登録してみましょう。

ウズキャリ(UZUZ)

出典:ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ既卒は、若年層の転職・就職に特化した転職エージェントです。

2時間の個別カウンセリングから、求人票の紹介、面接練習に至るまでの選考のプロセスを全てサポートしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

カウンセリングにおいて嬉しいのが、ウズキャリ既卒のカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であるという点です。

同じ立場から、親身になって転職についての相談に乗ってくれるので、人間関係が原因で仕事を辞めたいと感じている方も安心して転職先を探すことができるでしょう。

まとめ

仕事上の人間関係は単にストレスの原因となるだけでなく、仕事に支障をきたしてしまい今後のキャリアの邪魔になってしまう可能性があります。

そのため、仕事の人間関係に少しでもストレスを感じたら身近な人に相談してみましょう。

もし、仕事に支障をきたすような問題であれば人事部に相談するなど、一人で抱え込まずに第三者に力を借りて解決策を探りましょう。

それでも解決せず「仕事を辞めたい」と考えてしまうのであれば、思い切って転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに所属しているアドバイザーは転職のプロフェッショナルですので、きっとあなたが働きやすい人間関係を構築している企業を紹介してくれるはずです。

人間関係の悩みは精神的に不安定となってしまいがちで、人それぞれ心身の状況が異なります。

本記事を参考に、今のあなたができることから一歩踏み出すことができれば何よりです。

page top