著者:日刊ゲンダイセレクト編集部 2022年6月24日更新

カテゴリー安いウォーターサーバー

ウォーターサーバーは安いのか|おすすめのメーカーはどこ?

日刊ゲンダイセレクト編集部

アップロード日2022/02/28

普段からペットボトルのミネラルウォーターを購入していると気になってくるウォーターサーバーですが、毎月の出費がいくら位かをイメージがしにくいのが難点です。

そこで今回は、ウォーターサーバーの料金体系について解説します。

ウォーターサーバーは安いのかを確認していきましょう。

おすすめのメーカーも紹介します。

ウォーターサーバーの料金が安いのかをペットボトルと比較

水代はペットボトル飲料水とほぼ同じ

ウォーターサーバーの水は『天然水』と『RO水』の2種類です。

天然水のウォーターサーバーは80円台となっており、ペットボトル飲料水とほぼ同じですが、RO膜というろ過システムによって創り出すRO水は非常に安いことが分かります。

参考ウォーターサーバーのコスパはどう?ペットボトル・水道水と値段を比較

ウォーターサーバーの電気代は平均1,000円ほど

ウォーターサーバーの電気代は、日本宅配水&サーバー協会(JDSA)が制定する「日本宅配水&サーバー協会 消費電力測定基準」によって計られています。

電気代の平均は1,000円ほどです。

メーカーの多くは機種ごとの電気代を公表しています。

エコモードを搭載している機種であれば、平均の半額程度で使用可能です。

レンタル代は無料の機種がたくさんある

ウォーターサーバーのレンタル代は、メーカーや機種によって異なりますが、冷温水機能のみのシンプルな機種から高機能機種まで多くの機種がレンタル代無料で提供されています。

ただし、レンタル代無料の機種であっても、前月の水注文数によってはレンタル代が掛かる契約となっていることも少なくありません。

しっかりとサーバーレンタル代を確認しましょう。

ウォーターサーバーは安いのか?メリットを口コミと共に紹介

トータルで掛かる費用を考えると、ウォーターサーバーの方がペットボトル飲料水よりも高く付きますが、安いのかどうかを考える時に重要なのが「費用対効果」です。

ここではウォーターサーバーの主なメリットを口コミと共に見ていきましょう。

重い水を買いに行く手間を省ける

健康意識が高まる中、ミネラルウォーターを購入する方も増加中です。

しかし、水の重量は1L当たり約1kgであるため、必要な度に都度、水を買いに行くのは大変です。

ウォーターサーバーなら定期的に水を届けてくれます。

重い水をわざわざ買いに行く必要はありません。

配送スケジュールの変更や休止もすることができます。

参考ウォーターサーバーとペットボトルのどっちが安いのか

温水と冷水を必要な時にサッと用意できる

ウォーターサーバーの冷水温度は5~10℃、温水温度は80~90℃です。

飲み物を作ったり、料理をしたりする際の時短になります。

常温水を出水できる機種も増えてきました。

参考炭酸水が作れるウォーターサーバーは結局安いのか?

備蓄水としても利用できる

備蓄水は大人1人当たり9L(1日3L×3日分)の用意が推奨されています。

しかし、備蓄水は部屋のスペースを圧迫するだけでなく、定期的な交換が必要です。

一方、ウォーターサーバーの水の賞味期限は常温・未開封で約6ヶ月ほどです。

ウォーターサーバー(宅配水)の賞味期限

プレミアムウォーター 未開封で約6カ月・開封後はなるべく早く飲みきる
アルピナウォーター 未開封で1年間・開封後は1カ月間
アクアクララ 未開封で6カ月・開封後は2週間以内
フレシャス 未開封で製造日から6カ月・開封後はなるべく早く飲みきる
コスモウォーター 未開封で6カ月・開封後はなるべく早く飲みきる
ジャパネットウォーター 未開封で製造日から6カ月・開封後は2週間以内
クリクラ 未開封で6カ月・開封後はなるべく早く飲みきる

定期的に配送してくれるため、常に新しい水を備蓄水としてストックできます。

ちなみに、ウォーターサーバーには水ボトル上置き型と下置き型があり、上置き型であれば、ボタン式を除いて停電時でも出水することが可能です。

上置き型 下置き型
置き場所 本体上部 本体下部
メリット ・停電時でも出水できる
・本体の選択肢が多い
・水交換が簡単
・サーバーのサイズが小さい
デメリット ・水交換に力がいる
(水ボトルを持ち上げなければならない)
・停電時に使用できない
・水を汲み上げるための作動音が鳴る

メーカーによっては、水ボトル単体で使うことを想定したアイテムも販売されています。

参考ペットボトルの水とウォーターサーバー、どっちがお得?

インテリア家電としてもおすすめ

デザイン会社や人気キャラクターとコラボした機種をはじめ、近年ではインテリアの一部としても栄えるデザイン性の高いおしゃれなウォーターサーバーも選べます。

安くておすすめのウォーターサーバーメーカー

ワンウェイウォーター

出典:ワンウェイウォーター

RO水と天然水、どちらも試せる数少ないメーカーです。

5種類ある水はどれもコスパ抜群です。

なかでもRO水は500mlで約56円とペットボトル飲料水以下の値段で購入できます。

区別 水の種類 ボトル1本の値段(税込)
プラスプレミアム(京都) RO水 1,350円
プラスプレミアム(富士) RO水 1,350円
富士の銘水「彩」 天然水 2,052円
京都三岳山麓「京の湧水」 天然水 2,052円
九州日田「天寿の水」 天然水 2,052円

ウォーターサーバーは水交換が簡単な下置き型です。

特許技術のクリーン機能によって、水を新鮮な状態に保ってくれます。

サーバーレンタル代が無料なのも嬉しいポイントです。

ワンウェイウォーターの月額費用例

レンタル代 無料
1配送ごとの水代(※) 2,700円~4,104円(税込)
注文ノルマ RO水:月3本以上
天然水:月2本以上
ボトル ワンウェイボトル
配送料 無料
電気代 約494円~
合計 約3,194円~4,598円
※配送は1セット(水ボトル2本)~

クリクラ

出典:クリクラ

クリクラは全国571の産院にも導入されている安全性の高いRO水を提供しています。

水ボトル2本(24L)がセットになった10日間の無料お試しキャンペーンも実施中です。

実際の生活の中でウォーターサーバーを試せます。

ノルマが無いのでマイペースに水を消費できると評判です。

水容量 1本の値段 500ml当たり
クリクラ5.8リットルボトル(5.8L) 860円 74円
クリクラボトル(12L) 1,460円 61円
※価格は税込

クリクラの月額費用例

出典:クリクラ
レンタル代(※1) 無料~1,100円(税込)
1配送ごとの水代(※2) 1,720円~2,920円(税込)
配送料 無料
電気代 約1,000円~
オプション(※3) 460円(税込)
合計 約3,180円~5,480円
(※1)3ヶ月合計の注文数が規定に満たない場合は1,100円(税込)のレンタル代が掛かります。
(※2)配送は1セット(水ボトル2本)~
(※3)メンテナンス等のサービス料として毎月掛かります。

まとめ

ペットボトルとウォーターサーバーを比較すると、水代には差はありません。

電気代やサーバーレンタル代を含めたトータルで考えるとウォーターサーバーの方が高いものの、多くのメリットがあり費用対効果は抜群です。

参考ウォーターサーバーの飲み放題は結局安いのか

※価格・商品情報は2021年12月17日時点の情報です。
page top